バストアップと生理は大きな関係がある

生理の周期とバストアップには関係性があります。
バストの周辺に異常を感じる人も少なくありませんが、そこには女性ホルモンが大きく関係しています。
女性ホルモンというのは卵胞ホルモンといわれるエストロゲンと、黄体ホルモンといわれるプロゲステロンがあります。
エストロゲンで妊娠がしやすい状態を形成し、女性らしさを保てる体を作っていきます。
そしてプロゲステロンは妊娠前の健康な状態を作るホルモンで、いずれも生理が近づくと分泌量に大きな影響を与えていきます。
その時のバストの状態を見ていくと、最初にエストロゲンが体内で働いていき乳腺や乳管が徐々に発達していきます。
そしてプロゲステロンが母乳を徐々に蓄えていく働きを持っている腺胞、腺小葉が発達し胸が大きくなっていきます。
どうしても胸の張りを感じるのは、このような理由があるからです。
しかし一時的なバストアップとなりますので、生理が終わってしまうと元通りになります。
その中でバストケアを行う時には、継続して行っていくことが重要であり、排卵期に至るまでエストロゲンが分泌されていきます。
そのため積極的にマッサージすることで、終えた後でもバストを維持していくことができます。
常にケアを行っていくことが重要となります。

Copyright(c) 美容 All Rights Reserved.